• あんしんプランナー

リボ払いの落とし穴

消費税率が10%になり、クレジットカードで購入するとポイント還元されるなんてニュースを耳にします。自分名義のカードを作ろう!と思われている方に「リボ払い」の注意点をお伝えしたいと思います。


リボ払いは、毎月決められた金額を定額で支払うことができます。でも、利用残高が増えれば手数料の割合も増えていきます。その利率は残高の12~15%の高金利!

銀行の普通預金の利率は、0.001%なんですよ!


また、クレジットカードで支払う場合には、 金利手数料がかからない、「一括払い」「2回払い」 「ボーナス一括払い」を選ぶのが基本です。


例えば『リボ払い』で30万円のブランドバッグを毎月6,000円のリボ払いにすると(金利14.25%の元利均等返済) 支払回数は78回、支払総額は46万3,319円になります!


どんなに買い物をしても毎月一定額の支払いで済むリボ払いですが、FPの立場からすると

・金利手数料が高い

・どのくらいの負債(クレジット購入残高)があるのか分かりづらい

・長期間負債を抱え、その手数料を長期間支払う

などの理由から、あまりお勧めできない支払方法です。

ご自分のライフスタイルに合わせて、支払方法を決めてくださいね。