• あんしんプランナー

就労移行支援を使って就職する!

皆さんは、「就労移行支援」をご存知でしょうか?


障害のある方の社会参加をサポートする、国の支援制度で障害者総合支援法という法律があります。就労移行支援は、障害者総合支援法に基づく就労支援サービスのひとつです。

一般企業への就職を目指す障害のある方(65歳未満)を対象に就職に必要な知識やスキル向上のためのサポートをおこないます。


就労「継続」支援は、一般企業への就職が困難な方へ働く機会を提供するサービスです。就労継続支援には、対象者や支援内容により就労継続支援A型(雇用型)と就労継続支援B型(非雇用型)の2つの枠組みがあります。


精神疾患などでの空白期間がある場合や心身ともに回復途上の場合、自力での就職活動はなかなか厳しいものがあります。就労移行支援では、スキルアップから就職活動、就職後の定着支援まで幅広く皆さんをサポートしてくれます。


就労移行支援についてのよくある質問です。


Q:利用料金はかかりますか?


就労移行支援では、9割の方が無料で利用されています。就労移行支援の自己負担額は前年度の世帯所得に応じて変わりますので、ご自身で行政にご確認いただくか、まず就労移行支援に相談することになります。


Q:障害者手帳を持っていないのですが、支援を受けられますか?


自治体の判断により、医師の診断・定期的な通院があれば利用可能な場合があります。


以下にご紹介するパーソルチャレンジは、総合人材サービス「パーソルグループ」の

特例子会社として、障害のある社員とともにはたらく会社です。また就労移行支援以外にも、障害者向け転職・就職支援「dodaチャレンジ」を運営しており、障害者雇用に関する豊富なノウハウや実績があります。

★パーソルチャレンジの就労移行支援サービス・ミラトレ★

「私たちは就職をゴールにしていません。目指しているのは、就職の先にある定着です。」

・専門資格をもったスタッフによる一人ひとりに寄り添った支援

・高い実績 「就職率98%」「職場定着率80% ※就職後半年後の定着率」

・障害のある社員300人超が活躍してる特例子会社だからこそ培った就労継続ノウハウを活かしたトレーニングプログラム

https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=35O2YC+6UHV42+47GS+BXB8Z