• あんしんプランナー

仕事の空白期間・・・クローズで働くか、オープンで働くか

精神疾患などで長期の休養をした。体調はまずまず上向いてきた。こんな時に「私はまた働けるのだろうか?」と悩む時期があると思います。


「もう一度バリバリ働けるか?」「それとも今までの病気の経過などをオープンにして働くか…。」すごく悩みどころだと思います。そのような時は、厚生労働省の行っているお仕事アドバイザーや、ハローワークに相談すると色々な機関を紹介してくれます。


例えば、就労移行支援(就職する為のスキルアップと就職活動の支援、就職した後の定着支援)やハローワークが行っている職業訓練、障害者雇用窓口、障害者専門の転職エージェントなどが挙げられます。


障害者雇用は短時間労働や合理的配慮(1時間おきに休憩を取る、通院日はお休みするなど、こちらの働く上での要望事項)が可能になります。給料面では企業によって幅がありますが、やはり一般労働に比べると下がると思います。


障害者雇用は障害者手帳をとる必要があります。障害者手帳のメリットとして、所得税、住民税、相続税、贈与税、などの減免や非課税、各種自動車税、個人事業税などが割引または控除されます。また、バス、電車、タクシーなどの公共交通機関は障害者手帳を提示することにより割引、減免になる場合があります。携帯電話の割引もあります。docomo、au、softbankなど携帯会社による基本料金の割引制度があります。


就労面では、企業等での就労を目指すにあたり、障害がある人向け雇用枠である障害者雇用枠(オープン枠)の求人に応募することが可能になります。


昨年から「公務員」のオープン枠の募集が積極的になっています。今までは身体障害者の方や知的障害者の方の雇用が多かったですが、最近は精神障害者雇用が増えている傾向にあります。いわゆる「就労の空白期間」があっても、就職し易いのも特徴のひとつです。


仮に会社を退職した場合でも、一般枠の方よりも長期間、雇用保険の基本手当(失業手当)を受けることができます。


では障害者雇用向けの就職・転職エージェントはどのようなところなのでしょうか?


●経験・専門性を活かして年収アップ!

●語学を活かして外資系にチャレンジ

●フルタイム勤務ではなく時短からのスタート

●障害の種類(身体・精神・知的)も幅広くサポート

●大手・優良企業での正社員採用

●通勤配慮でエリア限定の求人

●障害者採用実績の多い企業の求人


こんな働き方をしてみたいと思うなら、まずは登録だけでもしてみる価値はあると思います。エージェントは複数登録も可能なので、自分に合ったところを探してみてください。


エージェント登録のメリットは一般には出ていない「非公開求人」が多いことが挙げられます。「非公開求人とは?」


●応募が殺到するような人気の求人

●採用時期が限定されている求人

●会員限定の非公開合同面接会と連動した求人


私個人のお勧めのエージェントは、パーソルチャレンジ(dodaチャレンジ)です。


パーソルチャレンジは、dodaブランドの中の障害者向けに特化した人材紹介サービス「dodaチャレンジ」を運営しているとともに、パーソルグループ(旧テンプグループ)の中で採用・職域開発・労務管理・定着支援まで、障害者雇用に関するサービスを提供している会社です。


また、社員のうち65%が障害者手帳を保持し活躍してているため、障害者雇用に関する経験・ノウハウが豊富で企業への提案力へと繋がっています。


また長期間ひきこもっていたなど、就業経験がない場合でもサービスの利用は可能です。

どのような仕事や働き方が合っているか、まずはキャリアアドバイザーにご相談ください。


   ★転職成功の可能性を高めるdodaチャレンジの4つの魅力★


・大手、優良、外資系、ニッチトップ企業まで幅広い求人ラインナップ

・オープンポジション求人によるあなたに合った転職支援

・サイトには公開されていない「非公開求人」が80~90%

・障がい者雇用に精通した運営会社の安心感


   ↓気になる方は今すぐクリック↓


https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=35CZG4+1244M2+47GS+5YZ77