Happy Children_edited_edited_edited_edited_edited_edited_edited.png

あんしんプランナー

福祉分野専門のファイナンシャルプランナー

障害者の方やひきこもりの方、認知症ご本人とご家族のライフプランの作成・援助をしております。

「障害者の方、ひきこもりの方、認知症の方の希望が、そのご家族の希望となる」が理念であり

「お客様にいつも寄りそうプランニング」をモットーとしています。

 

当社の業務内容について

お客様にいつも寄りそうプランニング

  • 弊社は世界24カ国・地域で認められ世界共通水準のファイナンシャルプランニングを提供できる上級資格  CFP ®資格保有FPです。

  • 精神疾患の方や障害者の方、ひきこもりの方、認知症の方ご本人とそのご家族のライフプランの作成援助を事業の柱としています。

  • 2019年8月   東京都中野区の認知症サポートリーダーに認定され、ご本人とご家族のライフプランの作成・終活支援をしています。

  • 親なきあとのプランニング(遺留分のない生命保険・生命保険信託による遺族である障害者の生活費の確保)をご提案しています。

  • ​障害年金の申請支援、国民年金保険料の免除申請、自立支援医療、傷病手当金など社会的支援を受け、経済面の不安を軽減します。

  • ​認知症の方のご家族へのライフプランの作成(相続・遺言・成年後見)や、信頼できる弁護士、税理士へのご紹介も行っています。

  • ひきこもりの方とご家族のサポートをしているOSDよりそいネットワーク所属ファイナンシャルプランナーとして活動しています。

  • カサンドラ家庭では、家族が経済的に追い込まれていくケースがあります。アスペルガーゲートの家計サポート支援をしています。

  • 当社は常にサービスの充実に努めております。当社でまだ提供していないサービスをお求めの方は、ぜひご連絡ください。

ライフプランを作ってみよう

電卓

●キャッシュフロー表とは?

皆さんキャッシュフロー表という言葉をご存知ですか?進学や退職など家族全体のライフイベントに基づいて、毎年の支出・収入および資産の推移を記入した予定表をキャッシュフロー表と呼びます。


●キャッシュフロー表で何が分かる?

キャッシュフロー表を作成すると、いつ、どのくらいの資金が必要で、どのくらいの資金が足りないのかが簡単に分かるため、不足する可能性が高いと分かれば、貯蓄額を増やしたり、投資をして資産を増やしたりと、対応策を早めに取ることができます。特に障害をお持ちのお子様、ひきこもりのお子様への生活資産の確保など、今まで漠然とした不安だった金額がはっきりと明確になります。

将来のお金の不安を見える化

将来に対する漠然とした不安を見える化・たな卸しすることにより将来に対する安心感が生まれます。キャッシュフロー表という航海図を作成することをお勧めします。

ライフプランを作ると何が分かるのか?(記事・サンプル)



​​ひきこもりの方のライフプランの作り方

市場分析

ライフプランを作成するには、下記の手順で行います。

1.資産のたな卸し

2.負債の確認

3.純資産残高の確認

4.キャッシュフロー表の作成

​~知っておきたい制度~

5.国民年金の免除・減免申請

6.自立支援医療(精神通院医療)

7.高額療養費制度

8.障害者手帳

9.障害年金

10.生活困窮者自立支援制度

詳細は、ブログにアップしております。

ブログ:「ひきこもり当事者のライフプラン」

ご関心がございましたら、ご覧ください。

コロナ解雇・ 倒産で知っておきたい制度

保険代理店

●未払賃金立替払制度

企業倒産により賃金が支払われないまま退職した労働者に対して、未払賃金の一部を立替払する制度です。8割相当額が支給されます。

●生活困窮者自立支援制度

現在は生活保護を受給していないが、生活保護に至るおそれがある人で、自立が見込まれる人が対象。困りごとにかかわる相談に応じ、安定した生活に向けて就労訓練や就労準備支援、住宅確保給付金の支給、家計相談支援、子どもの学習などさまざまな面で支援するものです。


●住宅確保給付金

経済的な理由などから家賃を滞納してしまい住宅を失ってしまった、あるいは家賃の支払いが困難となった場合に家賃相当額を支給し、生活の立て直しの支援を目的としている制度です。


●生活保護制度

資産、能力等全てを活用した上でも、生活に困窮する人が対象となりますので、各種の社会保障施策による支援、不動産等の資産、扶養義務者による扶養、稼働能力等の活用が、保護実施の前提になります。生活保護は 困窮に至った理由は問いません。

コロナウィルス解雇・ 倒産で知っておきたい制度詳細はこちらから

​​デルタ株は医療保険で対策する

病院のベッドで子供

●入院給付金

多くの生命保険会社から取り扱い方針が発表されていますが、新型コロナウイルスに感染し、医師の指示のもと入院した場合は、通常の疾病での入院と同様とみなされます。(ホテル等の滞在型施設含む)契約通り、入院日数に応じて医療保険から給付金が支払われます。新型コロナウイルスの疑いで入院を指示され、検査の結果、陰性であった場合でも、陽性の場合と同様に入院日数に応じて入院給付金が支払われます。

●通院給付金

入院後に通院することになっても、通院給付金が支給される医療保険であれば給付金が支払われます。(退院後、後遺症がある場合など)ただし、通院給付金は「〇日以上の入院を経た場合に限る」など、入院後の通院に限られることが多いため気を付けてください。また、新型コロナウイルス感染拡大防止を理由に、医療機関側からオンライン診療・電話診療を勧められることもあるかと思われます。その際も入院日数などの条件を満たしていれば、通院給付金の支給対象となる場合があります。

​コロナウイルスで考える医療保険記事詳細はこちらから

 

​​生き方が楽になる制度

 

​​障害年金

​経済的な余裕が生まれます

病状によっては、障害年金で経済的な保障が受けられます。加入している年金や病気の経過などにより手続きは異なります。障害年金は、病気やケガによって生活や仕事などが制限されるようになった場合に、「現役世代」の方も含めて受け取ることができる年金です。

障害年金の種類

障害年金には「障害基礎年金」「障害厚生年金」があり、病気やケガで初めて医師の診療を受けたときに国民年金に加入していた場合は「障害基礎年金」、厚生年金に加入していた場合は「障害厚生年金」が請求できます。

目安の金額は障害基礎年金は月額約6万5000円+子の加算

障害厚生年金は障害基礎年金+報酬比例年金+配偶者加給年金+子の加算と受給者によって異なります。


●どんな人が障害年金を請求できるの?

・請求する方は20歳~64歳ですか?

・その病気やけがで初めて診察を受けた日はいつかわかりますか?

・初診日の前に国民年金保険の保険料を払っていましたか?

・初診日からの様子見の期間、1年6ケ月を経過していますか?

・障害認定日時点及び、現在の障害の状態はどうですか?その状態が続きそうですか?

です。是非自分が当てはまるか確認をしてみて下さい。

障害年金や障害者手帳は、精神疾患を患ってひきこもり状態の方には、経済的安定と安心感を与えてくれる制度です。障害基礎年金2級の月額受給額は約6.5万円。先ずは障害年金の申請をして受給もしくは不支給の結果が分かってから働き方(オープン就労、クローズ就労など)を考えるのもひとつの方法だと思います。

弊社では障害年金専門の社会保険労務士をご紹介できますので、ご関心がございましたらお問い合せください。

What's New

​講演会情報・イベント情報

OSD無料相談開始~厚労省補助事業~

火・木・土 13:00~17:00 2021年3月まで

2021年7月14日より、OSDよりそいネットワークでは、「ひきこもり・生活困窮」に関するお困りごとの専門家による無料電話・メール相談を実施しております。期間は、2022年3月までを予定しています。

相談内容を各専門家(FP、弁護士、司法書士、社労士、カウンセラー、就労支援、キャリアコンサルタントなど)と協議・連携した上で、きめ細かくご相談内容に対応しております。私も週に1~2回程度、電話相談担当をしております。

相談専用ダイヤル(電話) 03-5980-9009 

相談専用メール:osdyorisoi2021@gmail.com

詳細:OSDよりそいネットワーク

電話での女

​くらしとお金のFP相談室~日本FP協会~

​緊急事態宣言解除に再開

日本FP協会では、本部(東京)や大阪など全国8か所で無料相談を体験できる「くらしとお金のFP相談室」を常設しています。対面での無料体験相談です。FPに相談するのが初めての方にとてもお勧めです。


相談員は全てCFP®認定者(世界24カ国・地域で認められ、世界共通水準のファイナンシャルプランニングを提供できる上級資格)です。私も相談員として参加しています。


東京における「くらしとお金のFP相談室」の開催につきましては、新型コロナウイルス感染症に対する政府の緊急事態宣言の発令や感染拡大の状況等を踏まえて柔軟に対応しております。


8月は初の試みで「オンラインFP相談」も開始されます。

詳細:日本FP「くらしとお金のFP相談室」予約サイト

クライアントと弁護士
 

​サポート一覧

​​家計相談

「毎月の家計がぎりぎりでなかなか貯金できない」

「将来の目標のために家計を改善したい」
家計を相談されたいきっかけは異なっても、目的は「上手に貯蓄をする」ということではないでしょうか。
「現状の問題点は?」

「上手は貯蓄の方法とは?」

「目標実現のためにどうすればいいのか?」
このようなお悩みに対してどのようにすれば良いのか、あなたに合った解決策をアドバイスいたします。

また、ASD(自閉症スペクトラム)に関わることで、課題を抱えているカサンドラの方をサポートしています。

カサンドラのケースですと、仮に離婚した場合のシングルライフのライフプランの作成ならびに家計相談が特に多いのも特徴です。


★価格:¥22,000/2時間

​​保険の見直し

キャッシュフロー表をもとにライフプランを作成すると、死亡保障や年金の不足が分かるケースがとても多くあります。

また、お子様の成長や医療技術の向上に伴い、保障内容もライフステージごとに変える必要があります。

まずライフプランを作成した上で、今どんな保障が必要なのかをご説明いたします。その説明でご納得頂いた上でお客様ご自身で契約変更や新規加入をして頂くか、30数社超の保険取扱企業をご紹介しております。FPが公平・中立的立場でご提案しておりますので、とてもご好評頂いているプランになります。

​★価格:保険の見直し:¥22,000

★保険契約同行:¥11,000

​※弊社提携保険会社ご紹介時、同行料は無料です

​​同行サービス

障害年金を申請する際に依頼先となるのは、社会保険労務士です。どうしても一人で初めて会う専門家と面談するのは苦手という場合、同行サービスをご利用ください。このサービスは、弁護士、税理士、就労支援移行、作業所、ハローワーク、就労エージェント、その他ご要望の面談に同行いたします。


★価格:¥11,000/2時間毎

​よろず​相談

お金の問題(障害年金の申請)や、相続の問題、相続と関わるエンディングノートの書き方、税金(障害者控除など)、障害者手帳のメリット、オープン枠で働くこと、申し込める保険の有無など。「お金」と「生活」に関してのなんでも相談です。

★価格(面談)            :¥22,000/2​時間

​★価格(電話・Zoom):¥5,500/1時間

→電話代弊社負担

​​障害年金相談

障害年金は精神疾患を抱えて頑張っていらしゃる方にとって、経済面を支えてくれるとても大切な制度です。残念ながら、うつ病、統合失調症、発達障害などの精神疾患がある方に周知されていなのが現実です。

・請求する方は20歳~64歳ですか?

・その病気やけがで初めて診察を受けた日はいつかわかりますか?

・初診日の前に国民年金保険の保険料を払っていましたか?

・初診日からの様子見の期間、1年6ケ月を経過していますか?

・障害認定日時点及び、現在の障害の状態はどうですか?その状態が続きそうですか?

など、申請するにあたりとても大事な項目を確認します。申請される場合は、障害年金専門の社会保険労務士をご紹介いたします。

​※提携社会保険労務士

 赤岩障害年金サポートオフィス

★価格:11,000円

​​ライフプランの作成

キャッシュフロー表を作成し、将来のお金の流れを客観的につかみます。今後のライフレポート付きです。


ライフプランとは、人生のイベントとマネープランを合わせた「人生の設計書」を指します。この設計書を作っておくことで、


「貯蓄額の目標がはっきりする」
「住宅など高額な買い物のタイミングを決めやすくなる」
「いつ・いくらの支出があるのか」


などが把握しやすくなるため、無駄な支出を抑えたり、将来への漠然とした不安や焦りも防げるといったメリットが得られるようになります。


​★価格:家計分析診断付きキャッシュフロー表

(面談あり)・・・¥33,000

(面談なし→メールでの回答)・・・¥11,000

ライフプラン記事・サンプルはこちらから

 

​​お問い合わせ

福祉分野専門のファイナンシャルプランナーにとって、お客様のご満足が第一です。ご質問、ご意見または特別なご要望はございますか?皆様からのご連絡をお待ちしております。また、TwitterのDMでもご相談を受けつけております。お気軽にご相談ください。

東京都中野区若宮3丁目

03-5327-8038

  • Twitter
  • Facebook

送信が完了しました。

 
Team Talk_edited.jpg

所属団体一覧

 

FPとは、一人ひとりの将来の夢や目標に対して、お金の面で様々な悩みをサポートし、その解決策をアドバイスする専門家です。弊社は世界24カ国・地域で認められ、世界共通水準のファイナンシャル・プランニング・サービスを提供できるプロフェッショナルであることを証明する、上級資格CFP資格保有ファイナンシャルプランナーです。

​日本FP協会では、無料の家計相談・ライフプランの相談を行っています。詳細はこちらから​

OSDは「(O)親が(S)死んだら(D)どうしよう」と思い悩む“ひきこもりの親の声”から生まれました。「ひきこもり」に詳しい相談員や専門家などが親身になって対応し、ライフプランのお手伝いをしています。現在、OSD所属のファイナンシャルプランナーとして活動しています。

​アスペルガー・アラウンドはASD(自閉症スペクトラム)に関わることで、課題を抱えているカサンドラの方をサポートしています。現在アスペルガー・アラウンドのファイナンシャルプランナーとして、アスペルガーゲートの家計サポートを行っています。

障害年金受給成功率90%を越える赤岩障害年金サポートオフィスでは、「全ての資格のある人に障害年金を」の想いのもと、障害年金について知ってもらうための講演・イベント活動を行いながら、全国の病気・ケガで働けずに困っている方に再び自分らしい生活を取り戻していただくためのお手伝いをされている社会保険労務士事務所です。

上記団体にご関心のある方はご紹介いたしますので、お気軽にお問合せください。